神戸市東灘区MS様邸の基礎工事完了

神戸市東灘のMS様邸では基礎工事が完了しました。

土間コンクリート施工
配筋検査の後、土間部分のコンクリートを施工しました。
建物のした全面にコンクリートを施工するベタ基礎は
面全体で建物を支える為、建物の耐震性を高めやすいのが特徴です。
隙間なく敷きならして、表面をコテで仕上げていきます。

立上り型枠M
土間コンクリートが固まると立上り部分の型枠を組んでいき
アンカーボルトのセットや高さの印を付けていきます。

立上りコンクリート
その後、立ち上がり部分のコンクリートをポンプ車と言う
特殊な車両でコンクリートを流し込んでいきました。
この時に空気が入って隙間が出来ないように
バイブレーションと言う機械で振動を与えながら
施工をしていきます。

コンクリートがある程度、固まると上からセルフレベリング材を
流し込んで表面を平らで同じ高さにしました。

基礎養生
コンクリートが固まるまでシートで養生して
3日以上空けてから型枠を外しました。

基礎工事完了
さらに玄関内部とポーチ部分をコンクリートで
かさ上げして、外周部の整地を行い
基礎工事が完了です。

外部先行配管
基礎工事が終わると設備屋さんが
外周部の水道や下水の配管工事を
行っていきます。
先行して配管することで機械を使って
掘ることができ、足場を外した後に
仕上がった外壁を汚す心配が減ります。

来週には木材の搬入を行い、大工さんが土台を敷いて
足場屋さんが外部の足場を施工することで
上棟準備も完了となります。

この時期の上棟は気候的に最も作業しやすく
捗りやすいので、ありがたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする