バーチカルブラインドとダイニングテーブル

神戸市西区のT様邸では家具の搬入やブラインドなどの施工も終わりました。

バーチカルブラインド
リビングの窓にはバーチカルブラインドを取り付けました。
目隠しと日射取得もしやすいので、特に南面で夜の目線がそれほど気にならない窓に向いていると思います。
この窓の外側には樹木の緑が見える予定ですが、暑い時期に植える事が出来ない為、お引渡し後の秋になってからの予定です。

目隠しロールスクリーン
先日ご紹介した玄関クロークの入り口の木製R枠にロールスクリーンを付けてました。
普段はご家族の動線になるため開け放しておいて、来客時は簡単に目隠し出来るようにしています。

ダイニングテーブルとペンダント照明
ダイニングテーブルと椅子が設置されて、ペンダント照明を吊るすとすっかりダイニングらしくなりました。
北欧デザインのチェアと国内で良質な木材を使って素晴らしい技術を持った家具屋さんが製作したダイニングテーブル+チェアが融合して空間に馴染んでいます。
特にダイニングのテーブルや椅子は買い替える事がほぼ無い家具だと思うので、新築時にしっかりとした物を選ぶ事がとても大事だと思います。
本物の上質な無垢材を使った家具はそれこそ一生モノになると思いますし、次の世代に引き継ぐ事もできます。
それは薄い板やシートを表面に貼った物のようにただ汚く劣化していくだけの物と違って、傷がついても表面を削ったり、修理をして使い続ける事が出来るのと家族の思い出が詰まった物にもなるからだと考えています。

それにしても家具が入ることで一気に暮らしのイメージも湧いて、楽しい気持ちになるものですね。

レンガ門柱とサークル花壇
屋外では外構屋さんが灼熱の中、外構工事を進めています。
ちょっと話をしているだけで汗だくになる中、作業をしてくれている職人さんにはいつもながら頭が下がります。
完成内覧会時には完了していないと思いますが、形がある程度わかるようになっていると思います。

そんなT様邸では施主様のご厚意により、完成内覧会を3週に渡って開催させて頂きます。
冷房の効き具合や上下の温度差などは真夏のこの時期しか体感できません。
ご興味をお持ちの方はこの機会にぜひお越し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする