造作テレビ台とウォルナット板張り

神戸市北区のF様邸では大工さんの造作工事がほぼ終わりました。

造作テレビ台
壁を窪ませた部分にはテレビ台を造作しています。
木を使ったテレビ台ですが、塗装を施すことで印象が変わり、より空間に馴染んだ仕上がりになる予定です。

腰壁ウォルナット板張り
キッチン横の腰壁部分はブラックウォルナットの板張り仕上げにしています。
このウォルナットの板はとても希少な無垢材を使用していてますが、家具など空間全体で考えた時にとても合う仕上がりになると思います。

トイレ造作収納
トイレには腰までの収納を造作しています。
入り口引き戸の幅を取りつつ、収納もしっかりと確保する為に工夫をした収納で、扉を建具屋さんが造作して塗装を施せば完成です。
天板には無垢材を使用していて、上にちょっとした物を置けるので好きな飾りを楽しんで頂けます。

洗面カウンターと3面鏡
洗面台はボウル一体型のカウンターを造作して、その下をオープンで棚板のみのシンプルな計画です。
上部には収納なども充実した3面鏡を取り付けました。
壁の間に隙間なく納めて、すっきりとした仕上がりにするには計画段階から使う物を考えておく必要があります。

外壁シゴキ塗り
外部ではかなり前になりますが、左官屋さんがシゴキ塗りを行っておりました。
さらに窓周りのコーキングを施工して固まるまで数日間、養生していました。

外壁吹付け仕上げ
その後、塗装屋さんが仕上げの吹付け仕上げを行いました。
写真ではわかりませんが、小さな粒の凹凸のあるシームレスな仕上がりです。
定番の淡いクリーム色ですが、玄関ドアや庇の木の色と黒いサッシ色がアクセントとなる外観になりました。

あとは雨樋と太陽光パネルを施工すれば、いよいよ足場が外れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする