造作木製洗面化粧台と木製キッチン

神戸市西区のT様邸では内装工事がほぼ終わりました。

造作木製洗面化粧台
造作した木製洗面化粧台の施工を行いました。
ボウル一体型の人工大理石のカウンターもオーダーしていた物を現場で乗せることで一体化して、すっきりと納まりました。
もちろん図面でチェックは入念に行っていますが、現場で施工をするまでは一抹の不安がある分、綺麗に納まるとひと安心です。

木製キッチン
アイランド型ですが、コの字に腰壁を造作した木製キッチンも設置が終わりました。
木製ですが、扉の面材に塗装が施されたものを使用しています。
引手は掴みやすく、デザイン的にも良い物を提案させて頂いた物が後ほど付きました。
キッチンの対面側には収納も造作しており、そちらは扉を建具屋さんに造作してもらっています。

造作建具
その扉がこちらになりますが、現場のサイズに合わせてオーダーしたものを現場で丁番などの加工を行い、取り付けていきます。
他にも床下エアコンの木製ルーバーや収納の造作建具などを施工しました。
これらの木製造作建具もそれぞれ塗装を施すことで空間に一体感が生まれます。

木製キッチン背面収納
またキッチンの背面にはキッチンと同じ木製の塗装扉の収納を取り付けています。
ただ、カウンターは無垢の幅ハギ材を使用することで無垢の木ならではの高級感が出ます。
長年使っているとその経年変化や質感に愛着がわき、丁寧に使おうと言う気持ちになると思います。(実際にそういう経験をしているからこそ言えます)

建具塗装
造作建具や木部に塗装が施されて空間の雰囲気も大きく変わりました。
こちらはキッチンと洗面の間にある壁に引き違いのガラス窓を入れましたが、この窓があるのと無いのではデザインだけでなく、洗面側の明るさなども大きく変わります。

そんな内装仕上げも終わり、設備や照明器具などの取付けも終わりましたので、また次回ご紹介させて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする