木製カウンターとスリット手摺と造作本棚

神戸市西区のT様邸では大工さんの造作工事がひとまず終わり、内装工事を行っています。

木製カウンターと木製スリット手摺
2階ホールの吹き抜けに面した部分は木製のスリット手摺と無垢材を使ったカウンターを造作しています。
この造作は難しい納まりでしたが、綺麗に仕上げてくれました。
こう言った木の造作工事は大工さんの腕と根気がないとできませんが、どうにかして上手く、綺麗に仕上がるように考えてくれる大工さんにはいつもながら頭が下がります。

ホール手摺造作本棚
さらに2階ホールには階段側も腰壁部分を本棚とする為に造作しています。
木を使った本棚は経年変化も味となり、シートを貼った仕上げのように表面がはがれて、みすぼらしくなるだけの変化とは異なります。

書斎カウンターと本棚T
ご主人の書斎部屋も木製カウンターと本棚を造作しました。
まだ棚は追加されますが、これくらいのスペースはこもれる感じがして、意外と落ち着く空間になります。
こういう空間にこそ、木の温かみのある仕上げが心地良いです。

キッチン対面木製カウンター
アイランドキッチンの対面には木製カウンターの下に造作収納を計画しています。
扉もサイズを合わせて造作したものを取り付ける予定です。
キッチン周りは塗装を施すことでイメージが大きく変わります。
大工さんの造作工事の後、塗装屋さんが木部の塗装を行い、続けてクロス屋さんが壁紙の下地処理などを行っています。

足場解体
外部では外壁の仕上げを行い、雨樋の取付けと太陽光発電の施工を終えてから仮設足場を取り外しました。
家の裏側となる南面ですが、淡いクリーム色の塗装仕上げと白色のサッシでシンプルな外観です。
道路側にある玄関ドアと屋根がブルーのアクセントとなる仕上げですが、また後日紹介させて頂きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする