天井オーク板張りと造作カウンター収納

神戸市西区のT様邸では大工さんの造作工事が進んでいます。

天井オーク板張り
リビングの天井は少し勾配を付けて、仕上げにオークの板材を張っています。
このオークの板は無垢材をしている為、節や色ムラがランダムに入り、重厚感ある仕上がりになりました。

造作テレビ台と飾り棚
そのリビングは床の高さを下げてピットリビングとしていますが、その高さを利用してテレビ台とオープンな収納を造作しています。
天板の向こう側にある地窓から庭の緑をいつでも眺めることが出来る計画です。
さらにカウンターの上にはオープンの飾り棚を造作していますが、無垢材で作った棚はとても高級な仕上がりで空間のアクセントになります。

造作カウンター収納T
ダイニングの横には床下エアコンを仕込む予定の造作カウンターと収納を計画しました。
カウンター上部の造作収納には扉を付けて塗装を施す予定ですが、他にも間接照明やモールディングなど盛りだくさんの仕掛けがあります。
また、この大きな窓からも景色が楽しめるので、食卓から庭の緑を眺める時間は心地良いものになると思います。

木製R垂れ壁とニッチ
こちらは玄関に造作したアールの垂れ壁とニッチになります。
アールの垂れ壁枠を木製にして上から塗装をすることで、汚れたり傷がついても補修がしやすい仕上げで計画しています。

2階も木製スリット手摺と造作カウンターや手摺を利用した腰壁本棚、書斎にもカウンターと本棚を造作する予定で大工さんの造作が満載のT様邸です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする