オーク3層フローリングと通気ラス

神戸市西区のT様邸では断熱・気密工事が終わり、床フローリングも貼りました。

防湿気密シートT
壁の高性能グラスウール断熱材の上から防湿気密シートを貼り、天井に吹込み断熱も行いました。
連休明けには気密測定を行う予定ですが、この時点でもどの程度のC値になるか予想が出来ますが、念のため測定する感じです。

オーク3層フローリング
断熱気密が終わると床のオーク3層フローリングを貼りました。
伸び縮みが非常に少なく、木目も激しくないものを使用している為、仕上がりがとても自然で美しいのが特徴です。
今後、オーク材も入手がどうなるかわかりませんので、希少な木材を使用している事を実感しています。

天井ボード張り
床のフローリングを貼り終えると大工さんは天井や壁の下地ボードを施工していきます。
特に1階の天井は強化石膏ボードを使用している為、非常に重たく、支えておくのも難しい中、ビスを留めています。
いつもながら大工さん達には頭が下がります。

通気ラス貼り
外部では通気胴縁の上からラスと呼ばれる金網を施工しました。
この通気ラスには不織布が付いていて、モルタルが通気層に食い込んでしまうのを防ぎます。
使用しているラスは錆に強く、耐久性が高い物を使用している為、表面の仕上げさえしっかりとメンテナンスをしておけば、外壁が傷んで落ちる心配もありません。

外壁モルタル塗り1回目
この通気ラスの上から左官屋さんが1回目のモルタル塗りを行いました。
表面はわざと粗く塗ることで2回目に塗るモルタルとの付着性を高めます。

この後、養生期間を取ってしっかりと乾かした段階で2回目のモルタルを塗る予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする