造作キッチンと造作洗面化粧台

神戸市灘区のM様邸では建物内部の工事がほぼ終わりました。

造作キッチン
内装の仕上げが終わった段階で造作キッチンの施工を行いました。
現場のサイズに合わせて現場で微調整を行い、取付けていきますが、引手やツマミの位置などの確認も行っています。

造作洗面化粧台
洗面化粧台も現場に合わせて造作したサイズのカウンターと木製キャビネットを現場で微調整行いながらの据え付けです。
この後、造作キッチンも造作洗面化粧台も塗装を施すと印象がガラリと変わりました。

キッチン横ガラス枠
造作キッチンの横にはダイニングとの間にガラス枠を造作しました。
キッチンとダイニングの間を柔らかく仕切り、インテリアにもなるガラス枠はデザインガラスを使用して、木の格子を入れています。

3枚引込み戸
リビングには仕切る事の出来る3枚引込み戸を造作しています。

3枚引込み戸2
開くと壁に綺麗に納まるように建具屋さんに造作してもらいました。
ご覧の通り、床にレールのない吊り引き戸で開いた状態でとてもすっきりとしています。

照明器具や設備器具の取付けが終わっった段階で床の養生も外して、床が現れて空間が引き締まりました。
まだ、細々とした工事やエアコンなどの施工が残っていますが、完了検査を受けて、特に問題もありませんでした。

続けて外構工事も進めていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする