神戸市西区T様邸の上棟

神戸市西区のT様邸では昨日、上棟を行いました。

神戸市西区で土台敷き
上棟に先立って土台敷きを行っていました。
綺麗に井桁に組んだ国産桧の土台と大引きに床の下地板を貼っていきました。

神戸市西区で土台養生
その後、上棟時の2階床部分の材料を搬入して全体をシートで養生した状態です。
さらに外部の足場を組んで上棟準備は完了していました。

神戸市西区で上棟1
昨日の朝、まずは1階の柱を立てるところから作業がスタートしました。

神戸市西区で上棟2
柱の上に2階の床を支える梁を組んでいった状態です。
ここでも梁を井桁に組んで床の下地板を留めていきます。

神戸市西区で上棟3
床下地板を貼ると足場がしっかりして安心して歩くことができます。
この上に材料を上げて2階の柱を立てていき、その上に小屋組みの梁を組んでいきました。

神戸市西区で上棟4
屋根を支える小屋組みの梁を組んだ後、この上にさらに合板を貼っていきます。
その板が水平方向のゆがみを抑える役割を果たします。

神戸市西区で上棟5
合板を貼るとその上に防湿気密シートを貼り、小屋束と母屋と呼ばれる屋根の下地を組んでいき、最も高い位置に棟木と呼ばれる梁を納めて、無事上棟となりました。
ここまで昼前に終えることが出来たのも大工さん達の手際の良い連携と手順によります。

神戸市西区で上棟6
その後も作業は進み、屋根の下地となる桟である垂木を等間隔に留めていきました。

神戸市西区で上棟7
その上から野地板と呼ばれる屋根の下地板を貼っていき、大工さんの作業は完了です。

神戸市西区で上棟8
さらに屋根屋さんが駆けつけて、防水シートを施工しました。
これで屋根からの雨水の心配もなくなり、予定通り1日の作業完了となりました。

天気には恵まれたのですが、風が強かったので、レッカー作業や屋根部分での作業は気を使いながらだったと思います。
それでも無事に予定通りの作業を終えてくれた職人さん達には心から感謝です。

神戸市西区で上棟9
また、T様とあらためて上棟式をさせて頂きました。
お子様と一緒にお清めをして頂き、思い出にして頂けたと思います。
T様には職人さん達へのお気遣いも頂きまして、ありがとうございました。

これからは徐々に作業が進んでいきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする