神戸市灘区M様邸の上棟

神戸市灘区のM様邸では昨日、棟上げを行いました。

土台床下断熱
棟上げに先立って、土台敷きと下地の作業を行っていました。
M様邸では床断熱を行っているので、井桁の土台と大引きの間に100mmの断熱材を施工してから床の下地板を貼りました。

上棟準備養生
床の下地板の上に上棟時の材料を搬入して、全体をシートですっぽりと覆い、養生をしました。
その後、外部の足場を組み立てて上棟準備を完了していました。

棟上げ1
迎えた棟上げ当日、朝から1階の柱を立てるところから作業が始まり、2階の床梁を組んでいるところです。

棟上げ2
2階の床梁を組み終えると上に床の下地板を貼っていきます。

棟上げ3
これで足場がしっかりと出来て、2階の柱や梁を組むのがスムーズに進みます。
並行して構造金物や1階の屋根下の気密シートなど大工さん達は手分けをして作業していました。

棟上げ4
2階の梁の上は地上から6m程度になる為、慣れていない人が下を見ると足がすくみます。
そんな中で大工さん達はスイスイと移動したり、大きな木槌を振って作業してました。

棟上げ5
天気にも恵まれ、作業は順調に進み昼前には棟木を納めて棟が上がりましたが、これで作業が終わりではなく、屋根の下地まで一気に作っていきます。

棟上げ5
屋根の下地板を支える垂木と呼ばれる木の桟が等間隔に並ぶと隠れるのが惜しいくらい綺麗です。
この上から野地板と呼ばれる屋根の下地板をすぐに貼っていく為、見れるのは一瞬ですが。

屋根ルーフィング
野地板を貼った後、屋根屋さんが駆けつけてルーフィングを貼ってくれました。
雨が降っても木材を極力、濡らさないように屋根のルーフィングまで作業できるのは職人さん達の手際の良い作業とチームワークのおかげです。

M様にはあらためて後日、上棟式の時にゆっくりご覧頂き、今後の進捗状況もぜひご覧頂ければと思います。
上棟、おめでとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする