神戸市灘区M様邸の基礎工事

神戸市灘区のM様邸では解体工事が終わり、基礎工事を行っています。

地鎮式
基礎工事に先立って、地鎮式を行って頂きました。
仏式でしたので住職の方にお越し頂いて、お経をあげて頂くことで背筋が伸びる思いでした。
風が強い中でしたが、M様にはご準備などをして頂き、ありがとうございました。

解体工事の後、すぐに地盤調査を行っていましたが、問題がなかった為、基礎工事が始めることが出来ました。

掘削・転圧
敷地内に段差がある為、まずは深基礎部分のベースや立ち上がりを施工していきます。
ベース部分を掘って、しっかりとランマー転圧で締固め、砕石を敷いてからもう一度、締固めました。

捨てコンクリート
その上に捨てコンクリートと呼ばれる基礎の位置を正確に出す為と型枠を留める為のコンクリートを施工しました。

深基礎配筋
基礎の位置を墨出しして、深基礎部分の鉄筋を組んだところです。
土留めも兼ねる為、2重に鉄筋を組んで厚みも通常の基礎よりも分厚い基礎になります。

ベースコンクリート
鉄筋の確認をしっかりと行ってからベース部分のコンクリートを施工しました。
さらに立ち上がり部分の型枠を組んで、コンクリートの施工も続けて行うところまで進めました。

深基礎養生
ここで年内の作業を終えて、養生を行って年明けからベタ基礎部分の工事を進めていく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする