木製キッチンと造作洗面化粧台

神戸市北区のKM様邸では内装工事が進んでいます。

クロス下地パテ
まずクロス屋さんが壁や天井のクロス下地部分にパテ処理を行いました。
ボードの継ぎ目やビス頭にパテを埋めていき、上からサンドペーパーでこする作業を数回繰り返し、表面を完全に平らにしていきます。

紙クロス貼り
その上から紙クロスを貼っていきました。
この壁紙は塗装用にできていて、ビニルクロスと違って下地の影響が出やすく、貼るのも難しい為、職人さんの腕の差が出ます。
いつもお願いしている職人さんに施工してもらう為、安心してお任せできます。

木製キッチン
クロスの施工中に木製キッチンと木製造作洗面化粧台を取り付けました。
キッチンはIHクッキングヒーターや食洗機の納期が掛かったりで日程調整が大変でしたが、何とか間に合って良い感じに納まりました。
取っ手を付けるとまた違った印象に仕上がります。

造作洗面化粧台
洗面化粧台は木製の造作品ですが、扉部分は塗装を行う為、こちらも印象が大きく変わります。
壁の間にぴったりサイズの洗面化粧台は既製品では難しく、造作することでインテリアの一部として一体感ある仕上がりになります。

外部足場解体
外部では仮設足場が外れて、基礎部分の仕上げや外部の配管工事などを行っています。

年内には内部壁の漆喰塗りまで終える予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする