高性能グラスウール断熱と気密シート

姫路市のY様邸では外部の作業が進んでいます。

通気胴縁
防水シートの上から通気胴縁と呼ばれる木の桟を施工して、軒の作業も行いました。
これは通気胴縁の間を空気が通り、天井裏に入った空気を屋根の一番高い所に設けた棟換気材から排出することで室内からの湿気を逃がし、壁の中で結露が起きないような仕組みです。
軒の部分に通気部材を入れることで空気の流れがよりスムーズに行われるようにしています。

通気ラス貼り
通気胴縁の上からラスと呼ばれる金網を施工しました。
このラスは特殊なメッキがされた耐食性が高い材料で錆に非常に強いのが特徴です。
この上からモルタルを塗り、水が掛かる期間も長い為、より耐久性の高い素材を使用しています。

高性能グラスウール断熱・気密シート
内部では高性能グラスウール断熱材を壁の間に充填して、気密シートも隙間なく貼りました。
高性能グラスウールでもその密度により性能差があります。
いつも使用しているグラスウールは自立するほど密度が高く、ずり落ちる心配もありません。(写真の通り、パンパンに隙間なく入っています)
さらには気密シートも分厚いシートで耐久性が高いものを使用することで、将来に渡って性能が確保される材料を選んでいます。

正直なところ、このような材料は仕上がると全く見えず、本当のプロでないとわからない部分だと思いますが、少しでも長期間、快適に住んで頂く為に使っています。

配線工事
現場では電気の配線工事や水道や排水の配管工事も行いました。
見えないですが、大事な仕込みや下地作業を進めています。

続けて、大工さんは床のフローリングを貼っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする