造作収納と外壁仕上げ

神戸市北区のKM様邸では大工さんの造作工事が終わり、内装工事が始まりました。

階段造作木製手摺
前回、ご紹介した造作階段には木製のスリット手摺を現場で加工を行って取付けました。
この階段手摺が綺麗に見えるようにスリットの間隔や留め方などを大工さんと相談しながら施工してもらっています。
このあと塗装を施すことでまた印象が変わりますが、良い感じに仕上がりました。

造作テレビ台
リビングにはテレビ台と飾り棚、収納を造作しています。
テレビ台の両脇に扉のある収納を設ける事で普段は隠しておくことが出来る大容量の収納になります。
飾り棚の上には間接照明を仕込んでいますので、飾ったものをより目立たせて楽しむことが可能です。
ここはご主人の趣味で作られた物を飾る予定で棚を計画させて頂きました。

造作ダイニング収納
ダイニングにも収納とカウンターを造作して一体感のある仕上がりになります。
造作収納の上部には装飾のある木製モールディングを付けていますので、空間に馴染みながらさりげないアクセントに。
ここも塗装が施されるとまた違ったイメージになります。

外壁仕上げ
外部では外壁の吹付け仕上げが終わりました。
淡いクリーム色の外壁は定番となっていますが、耐久性が高いのと汚れに強いのが特徴で、汚れがついても洗い流すことが出来ます。

雨樋の取付けも終わりましたので、仮設足場を外すだけとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする