高性能グラスウール充填断熱の施工

神戸市北区のKM様邸では壁の充填断熱の施工を行いました。

高性能グラスウール充填
柱の間に高性能グラスウールのより密度が高い断熱材を隙間なく充填しました。
この断熱材の施工だけでも十分に性能が高いのですが、外壁側の付加断熱と合わせてより充実した性能を確保しています。

防湿気密シート
高性能グラスウール断熱材の施工を行ってから防湿気密シートを別張りで施工しました。
この防湿気密シートを連続させることで室内から壁の内部への湿気の浸入を防ぎ、気密性も高めます。

発泡ウレタン注入
断熱・気密施工の前になりますが、建物の外周部の金物には発泡ウレタンで処理を行うことで結露などを抑えます。
他にも配線などの穴は気密テープを貼ると言った細かく地道な作業を行う事が気密を高めるのに大事です。

ラス貼り
外部ではラス屋さんが通気胴縁の上から耐久性が高いラス(金網)を施工しました。

モルタル1回目
その上から左官屋さんが1回目のモルタル塗りを行い、現在乾かしています。
しっかりと養生期間をとった上で内部の作業とのタイミングを考えて、2回目のモルタル施工を行います。

内部では大工さんが床のフローリング施工を行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする