神戸市北区KM様邸の中間検査

神戸市北区のKM様邸では瑕疵保険と中間検査が終わりました。

中間検査
中間検査では主に建築基準法に係る部分について図面と照合しながらチェックを行ってもらいました。

瑕疵保険検査
瑕疵保険の検査では第三者の方に主に構造や防水に関して検査をして頂きました。
特に構造については金物やビス、釘の長さや間隔を一つ一つ時間を掛けてチェックしてもらっています。

筋違
筋違と呼ばれる斜めに入れた材や金物の種類など間違いなく施工されているかを大工さんと私、さらには検査員と何度も確認をすることでミスを防ぎます。
瑕疵保険の検査で釘の間隔で少し指摘がありましたが、すぐに是正を行い、無事合格となりました。

樹脂サッシ
構造部分の施工が終わると大工さんは続けて窓の取付けを行いました。
窓は樹脂サッシを使っていますが、冬の日射取得と夏の日射遮蔽を考慮してガラスはトリプルガラスとペアガラスを使い分けてます。
KM様邸は外側に付加断熱を行う為、その下地も行いながら施工を行っています。

SGL鋼板葺き
屋根のSGL鋼板葺きも並行して行っています。
屋根の形状に寄棟部分がある為、凹凸の位置が合うように割付を考えての施工です。
SGL鋼板はガルバリウム鋼板を改良して、さらに耐久性が高い素材ですので、メンテナンスさえ怠らなければ、半永久的に屋根の防水を行えます。
ただ、ここのところ多くの資材高騰のあおりで、鋼板もコストアップしているようです。
今後は長く持たせる為に何を使うか、今まで以上に注目されるのではないでしょうか。

現場では外壁の付加断熱の施工を進めて、防水シートを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする