神戸市北区KM様邸の基礎工事完了と土台敷き

神戸市北区のKM様邸では基礎工事が完了し、土台敷きを行いました。

立上りコンクリート
配筋検査後に土間部分のコンクリートを施工して、立ち上がり部分の型枠を組んでからコンクリートの施工を行いました。
途中、天気が悪い日があり、日程を調整しながらの施工となりました。

基礎工事完了
立上り部分の型枠はコンクリートの固まる期間、そのままで養生を行い、型枠を外したあと玄関土間部分のかさ上げ部分のコンクリートまで施工しました。
その後、敷地の段差部分の階段までコンクリートの下地を行い、基礎工事も完了です。

外部先行配管
基礎工事が終わると設備屋さんが外部の上下水の配管を先行して行いました。
小さな重機で作業できたので、作業もスムーズでしたが、外壁が仕上がって足場を外してからだと重機での作業はできません。
外壁を傷つけてしまう恐れもある為、先行して配管を行うのは工程的にも品質的にも重要です。

土台加工
先行配管が終わり、いよいよ大工さんが土台敷きを行っていきます。
国産桧材を加工していく時に良い香りが漂うこのタイミングはいつも現場に行くのが楽しみです。

土台敷き
土台と大引きと呼ばれる床を支える角材が井桁に綺麗に入ったこの状態は一瞬しか見る事ができません。
このあと床の下地板を貼っていき、上棟時の材料を搬入して、すぐに床の養生を行う為です。

あとは外部の足場を組んで上棟に備えますが、天気を祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする