壁の漆喰塗りと造作建具

淡路市のK様邸では内装工事が進んでいます。

紙クロス塗装
クロス屋さんが壁紙を貼り終えると塗装屋さんが壁紙の上から塗装を行いました。
この壁紙は上から何度も塗装を重ねることが出来る為、ゴミを出さずに模様替えができ、1面だけ後から色を変える事もできます。
何よりビニルクロスのように刺激臭もしない為、臭いに敏感な方にも安心です。

壁のヨーロッパ漆喰塗り
塗装が終わると左官屋さんが壁の漆喰塗りを行いました。
LDKの壁にはヨーロッパの漆喰を塗っていますが、仕上げは熟練の職人さんならではの金ゴテ押え仕上げとしています。
ヨーロッパの漆喰ならではの独特の質感と無機素材らしく全くと言って良いほど臭いがない空間が魅力です。
狭い場所も左官屋さんが体を柔軟に動かして丁寧に仕上げてくれました。

造作建具
ダイニング横の造作収納部分に建具屋さんが造作した建具を現場で微調整しながら取り付けています。
ツマミや取っ手のない手掛け部分をテーパー処理しており、すっきりとした仕上げの建具になります。
この造作建具にも塗装を施すことで印象が大きく変わります。

造作引出し
キッチン背面の家電収納部分も造作した引出しとスライド棚を取り付けています。
これも塗装を施して収納全体が一体感のあるインテリアの一部になります。
他にも現場に合わせたサイズの建具を取り付けて、塗装を行えば内装工事も完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする