ウッドデッキとアプローチ土間の石敷き

淡路市のH様邸では外部の工事が進んでいます。

ウッドデッキと木製フェンス
玄関前のポーチにはウリンと言う木材を使ったウッドデッキと木製フェンスを施工しました。
このウッドデッキと木製フェンスが出来て、家の表情が変わり引き締まった雰囲気になりました。
ウリン材は現在手に入る木材では最高レベルの耐久性があり、外部で雨ざらしでも数十年はメンテナンスなしで持っている実績があります。
色は経年でシルバーグレーに変化しますが、その変化も魅力的な木材です。

アプローチ土間の石敷き
そのウッドデッキへ導くアプローチには本物の石材を外構屋さんが施工しています。
H様邸の外部スペースは広大ですが、玄関までのアプローチの相当なスペースが石敷き仕上げの為、石敷きの施工だけでも1週間以上掛かるようです。
家の南側には芝生などの施工も予定されていますが、引き渡しまでに間に合うかはかなり厳しい感じです。
それでもこのボリュームの外構工事はかなり見ごたえがあり、私も完成を楽しみにしています。

ピクチャーウインドウ
寝室の東側の木製サッシから見える景色が抜群でした。
少し離れたお家の庭が借景になっていて、毎朝この風景を見て目を覚ますのも気持ちがよさそうです。

来週には家具の搬入もあり、インテリアの設えも行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする