アイアン造作手摺と薪ストーブ

淡路市のH様邸では内部の工事がほぼ終わりました。

階段アイアン手摺
階段に無垢材の段板を大工さんが施工した後、オーダーして塗装まで終わったアイアン手摺を取り付けました。
このアイアン手摺は柱と梁に留め付ける為、寸法に余裕がなく、取り付けるまではドキドキでしたが見事にピッタリと納まり、ひと安心です。
もっと簡単にする方法はありますが、デザインがかなり変わるので、あえてこの形で納めました。

吹抜けアイアン手摺
吹き抜けに面するホールの手摺にもオーダーしたアイアン手摺を設置しています。
それだけでなく、ダイニング照明のブラケットハンガーやシーリングファンも黒を使う事でアクセントにしつつ、全体の統一感を保っています。

アイアンハンガーバー
おまけで洗濯物干し用のアイアンハンガーバーも黒で塗装をしています。
内装工事が終わった後、設備や照明の器具付けを行い床の養生を外して、ハウスクリーニングも行いました。

薪ストーブ
そして玄関土間に薪ストーブを設置しました。
この時期はもちろん使う事はありませんが、この存在感はインテリアになります。
H様邸では黒のアイアンと木やタイルのこげ茶色がコラボした落ち着きのある仕上がりになりました。

完了検査も終わり、あとは外部の玄関ポーチを兼ねたウッドデッキと外構工事を行っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする