チークフローリングと外壁モルタル

淡路市のK様邸では床のフローリングが貼り終わりました。

チークフローリング貼り
床フローリングには無垢のチーク材を使っていますが、1枚の幅も広めのもので希少な床材です。
チークフローリングは色合いや木目が美しく、水に強く堅いのが特徴ですが、希少なだけあってコストは掛かります。
ただ、LDKなどの広がりあるスペースではこの床材だけでも見ごたえのある仕上がりとなりそうです。

無垢チーク材の玄関框
フローリングに合わせて玄関框も無垢のチーク材を使用しています。
通常、玄関框は突板と言って薄い木材を貼った物が使われることが多いですが、玄関や階段の上り口の框はキズが付きやすい為、弊社では無垢材を基本としています。
それは薄い突板の場合、少し深い傷がつくと中の材が見えてしまう可能性がある為で、無垢材だとそんな心配もなく、表面を削って傷を目立たなくすることができます。

外部では雨の合間を縫って作業を進めています。

通気ラス貼り
通気胴縁の上から通気ラス(金網)を留め付けていきました。
この通気ラスは防錆性が高い特殊な処理をされたもので耐久性も非常に高いのが特徴です。

モルタル塗り1回目
その通気ラスの上から軽量モルタルの下塗りを行いました。
下塗りはあえて表面を凸凹させておくことで上塗りのモルタルとの接着性を高めます。

このあと養生期間をとってから2回目のモルタル塗りを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする