キッチンと洗面化粧台の壁タイル

淡路市のH様邸では内装工事が大詰めです。

天井壁紙塗装仕上げ
先日、ご紹介した紙クロスの上から塗装を行いました。
ペンキ屋さんが天井は棒の先にローラーの付いた道具で小気味よく塗っていますが、見るのと違って意外と難しく、ムラになりやすいです。
慣れた職人さんならではの作業スピードと精度があります。

キッチン壁タイル貼り
二列型キッチンの壁面にはタイルを全面に貼りました。
馬目地と呼ばれるレンガのような貼り方で仕上げていますが、タイル自体が滑らかに波打っている為、光の反射もゆらゆらとして、独特の質感があるタイルです。
色ムラもあり、インパクトのあるアクセントになりました。

洗面前壁タイル貼り
洗面化粧台の前壁には鏡の下にレンガの雰囲気があるタイルを貼っています。
こちらも色ムラと艶のない質感で、また違った風合いに仕上がりました。

またH様邸では広い玄関土間に大判のタイルを貼っているのですが、養生をしている為、ハウスクリーニングの時に見るのが楽しみです。

壁のヨーロッパ漆喰塗り
タイルを貼り終えて、左官屋さんが壁の漆喰仕上げを行いました。
漆喰の下地としてメッシュや全面に下塗りを施した後、ヨーロッパの漆喰を塗っています。
これも熟練の職人さんらしくよどみない手つきで、塗りつけて、乾き具合をみながら仕上げのコテ押えを行っていきます。

漆喰塗りが終わると造作建具や大工さんが階段や手摺などの造作仕上げを行い、塗装を行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする