淡路市K様邸の中間検査

今日は淡路市のK様邸で中間検査と瑕疵保険の検査がありました。

淡路市で中間検査
中間検査では法律的なチェックを主に検査してもらいました。

淡路市で瑕疵保険検査
瑕疵保険の検査では構造などの保険の適用範囲を中心に細かいチェックを行って頂きました。
瑕疵保険の検査で指摘が1ヵ所ありましたが、その場で修正して問題ありませんでした。

ホールダウン金物
検査ではこのような構造的に重要な金物や構造壁や床板を留める釘の間隔やビスの本数など無数のチェックを行います。

筋違金物
こちらは筋違と呼ばれる斜めに補強した材を留める金物ですが、ただビスを留めれば良いだけではなく、ビスの位置が重ならないように気を付けて施工をする必要があります。
現場で作業をする大工さんが気を付けるかどうかで施工精度が変わる為、かかわる職人さんの気遣いは重要です。

樹脂サッシ
雨が降る前に窓の施工が終わり、外部はシートで養生しています。
窓には樹脂サッシを使用していますが、窓の取りつく面によってガラスの種類が違います。
それは冬の日射を取り込み、夏の日射を遮る為にも重要ですが、反対の条件をバランスよく満たす為にはシミュレーションで省エネの計算を行う必要があります。

現場では屋根の作業は天気を見ながら進めています。
また、内部の上下水や給湯配管や電気の配線などの作業も進めており、天気が良くなれば、外部の作業を行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする