アイランドシンクとキッチン収納

淡路市のH様邸では大工さんの造作工事がひとまず終わり、内装工事が始まりました。

アイランドシンク
キッチンシンクはアイランド型の人工大理石カウンターをオーダーして大工さんが骨組みを造作しています。
この中に食洗機や家電品、ゴミ箱などを収納できるように計画していますが、対面側にも棚を設けて、ダイニングテーブルと一体的に使用できます。
オーダーならではのサイズ感と仕上げの自由度があり、空間のアクセントとなりつつ一体感が生まれます。
アイランド型のシンクは全体を見渡すことが出来、明るくオープンな印象になります。

キッチン収納
アイランドシンクの背面にキッチンコンロと収納を造作しますが、一部は大工さんが造作しています。
扉を建具屋さんに製作してもらうことでコストダウンを図ります。
この左側は家具屋さんにオーダーした引出しなどの複雑な収納を後日、取り付けてもらいます。
造作工事が終わるとカウンターや木部の塗装を塗装屋さんが行っています。

床下エアコン台
脱衣室にも収納を計画しています。
脱衣室の収納は極力、扉を付けずにオープンな可動棚を設けて、収納がしやすくコストを抑えます。
写真は床下エアコンの上にベンチとしても使える棚を造作しましたが、取り外すことでメンテナンスも出来るような計画です。
床下エアコンを脱衣室に設置することで水回りの冷暖房も可能で快適なバスタイムを楽しめます。

外部コーキング
外壁は養生期間中に窓周りなどのコーキングを施工しています。
表面の防水処理として行いますが、コーキングの上に塗装を行うことで耐久性もプラスされます。

来週には外壁仕上げが終わり、外部の足場も外す予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする