高性能グラスウール断熱とオークフローリング

淡路市のH様邸では壁の断熱材の施工が終わりました。

高性能グラスウール断熱
柱の間に高性能グラスウール断熱材を隙間なく、施工しています。
高性能グラスウールでも密度によって性能が違うのですが、より密度の高い断熱材を使っています。
柱に留めつけなくても断熱材自体が自立している為、将来的にも垂れ下がったり隙間があく心配もありません。
また写真の左側に写っているのはシステムバスで、設置が終わりました。

別張り気密シート
使っている断熱材には裸のタイプなので、防湿気密シートを別張りで施工しています。
袋入りの断熱材に比べて、隙間ができにくいのと確実に防湿気密を連続させることができる為、手間は掛かりますが、別張りとしています。
また、天井は勾配部分以外は桁上断熱を行っている為、こちらも気密性がしっかりと確保できます。
天井断熱材の均一な施工や構造的な意味だけでなく、電気の配線や照明器具の選択などもしやすい為、いろいろな方法を試行錯誤した結果、現在の標準的な仕様としています。

オーク3層フローリング
断熱材や気密シートの施工が終わった後、床のオーク3層フローリングを施工しています。
定番のフローリングですが、無垢材を3層に重ねる事で反りや伸び縮みを抑えて、目地の隙間が出にくいのが特徴です。
無垢材ならではの色むらや節はありますが、全体に綺麗な木目のものを選んでいます。

モルタル1
外部では先日の通気ラスを施工した後、左官屋さんが1回目のモルタル塗りを行いました。
これから養生期間をとった後、2回目のモルタル施工を行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする