飾り棚とデザインガラス

明石市のU様邸では内装工事が大詰めです。

天井塗装
壁紙を貼り終えてからすぐに塗装屋さんが壁と天井の塗装を行いました。
天井などの高い部分は棒のついたローラーを器用に転がして塗っていきます。
上を見続ける必要があるのとムラにならないように真っ直ぐローラーを転がすのは難しく、これも職人技です。

飾り棚
塗装の後、左官屋さんが壁に漆喰をコテで塗っていきました。
これもムラなく綺麗に仕上げるのは熟練の職人さんならではの仕上がりです。
その漆喰塗りが終わった部分に飾り棚の受け金物を大工さんが施工しました。
キッチン背面のデスクコーナーの上に飾り棚がありますが、少し奥行がある為、シンプルな受け金物で補強しています。

デザインガラス
こちらは玄関ホールからLDKの入り口に設けたデザインガラス入りの引き戸からの写真です。
透明感のある緩やかな凹凸のあるデザインガラスなので、うっすらとLDKの雰囲気が見えます。
玄関から丸見えにはならず、目隠し効果と温かみのある雰囲気が楽しめる為、リビング入り口に扉を設ける場合はデザインガラスをお薦めしています。

外観
外部では足場が外れて、外観が現れました。
淡いクリーム色の外壁に木の庇がポイントとなる外観は街の雰囲気に馴染みやすく、オーブルホームでは定番の外観となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする