基礎工事の着工と配筋検査

淡路市のK様邸では基礎工事が始まり、配筋検査がありました。

基礎掘削
とても良い土の固い地盤だったので、計画通りのベタ基礎で施工を行っています。
まずは外周部を中心に掘削、締固めを行った後、砕石を敷いてもう一度、締固めを行い、捨てコンクリートを施工しました。
その後、建物の位置を正確に墨で印をつけ、鉄筋を組んだり、型枠を組みました。

基礎配筋
K様邸では基礎の立ち上がり部分が高く、鉄筋を組むのも時間が掛かりましたが、頑丈な配筋になりました。

配筋検査
その状態で第三者の方に配筋検査をして頂きました。
検査員の方には綺麗に組んでますとお墨付きをもらい、特に問題もありませんでした。
今日はあいにくの天気だった為、土間コンクリートは連休の中日での施工となり、立ち上がり部分のコンクリートは連休明けに施工する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする