木製窓と樹脂窓

淡路市のH様邸では中間検査と瑕疵保険の検査が終わりました。

瑕疵保険検査
それぞれの検査員の方に申請や法律的に問題がないかどうかと瑕疵保険の対象部分の確認を行ってもらいました。

筋違
写真は筋違と呼ばれる柱の間に斜めの材を入れて金物でしっかりと固定していますが、このような構造的に重要な材や金物を一つ一つ確認してもらっています。

金物
柱や梁の接合部にはいろんな金物を取り付けていますが、それぞれ構造計算を行った結果、必要なものを指定して、ビスの本数や長さも決まったもので固定します。
そのかずが数百にもなる為、間違いがないようにこの段階でしっかりと確認を行う必要があります。
どちらの検査でも特に問題はありませんでした。

木製窓
大工さんは窓の取付けも行いました。
こちらは木製窓になりますが、北欧で使われる窓でトリプルガラスになっている為、結露しているのを見た事がありません。
性能だけでなく見た目も良いため人気はありますが、コスト面で難があるのとメンテナンスも行う必要がある為、採用率は低いのが現状です。
それでもこの窓が入ると外観やインテリアの印象が大きく変わる為、H様邸でも全ての窓ではなく、ポイントとなる窓に木製窓を使っています。

樹脂窓
他の窓は樹脂窓を使用しています。
面によってガラスの種類を変えていますが、この写真は西側の窓ですので、トリプルガラスを使っています。
トリプルガラスは断熱の意味もありますが、遮熱効果もある為、方位によって使い分ける事が大事です。

検査が終わってすぐに外壁の防水シートを貼って、雨水の浸入を防いだ後は続けて外部の作業を進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする