勾配天井と壁下地補強

明石市のU様邸では大工さんの工事が進んでいます。

オーク3層フローリング
床のオーク3層フローリングの施工が終わりました。
貼り終えた後すぐに養生を行う為、全体を見ることが出来るのは最後のタイミングになりますが、上質なオーク材を全体に使っています。

壁下地補強
床を貼り終えると天井や壁のボードを搬入して順番に貼っていきますが、その前に壁の下地補強を行っています。
造作家具や収納のある部分には事前に補強を行うことでしっかりと留め付けることができます。
他にも手摺やお打合せでお聞きした絵など少し重たい物を飾る予定の場所に下地補強を行っていきます。

勾配天井ボード貼り
続けて天井の下地ボードを貼っていますが、屋根の形状に沿って勾配天井が一部あります。
この勾配天井部分の仕上げは板を貼る予定ですが、防火の基準もあり、まずはボードを貼っています。
仕上がると印象が大きく変わると思いますが、地味でもこういった下地づくりは大事な工程です。

ラス貼り
外部では通気胴縁の上からラス(金網)を施工しました。
このラスは特殊なもので耐久性や防錆性などの高い処理が施されたものを使用しています。

モルタル1
そのラスの上から左官屋さんが1回目のモルタルを塗っています。
養生期間を空けて、しっかりと乾かしてから2回目のモルタルを塗る予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする