ワークスペースとテレワーク

神戸市西区のS様邸では照明や設備器具の取付けもほぼ終わり、床の養生を外しました。

オーク材の床
オーク材の床が現れて、内装が確認できるようになりました。
冬至から2ヶ月過ぎたので、日射の入り方も少なくなりましたが、十分に暖かさを感じることができます。
写真の上に見える部分はカウンター収納と床下エアコン、デスクコーナーがあり、インテリアと一体化しています。

完了検査S
養生が外れて、ハウスクリーニングを行った後、完了検査を受けましたが、特に問題もなく、無事合格でした。

デスクコーナー
以前にご紹介した2階ホールに設けたワークスペースですが、無垢材を使ったカウンターとスリットの腰壁を造作しています。
吹抜けに面していて窓からの眺めもある為、開放感を感じながら家事や仕事、勉強などができます。
こんなスペースがあれば、テレワークも楽しくなるかもしれません。
吹き抜けに面してスリット手摺とシーリングファンもある為、空気が循環しやすく、暖冷房時の温度差も抑えることができます。

まだ一部、設備器具の取付けや手直し工事が残っていますが、内部の工事はほぼ完了です。
引き続き、外構工事も行っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする