漆喰塗りのアール壁と造作キッチン

神戸市西区のS様邸では内装工事が進んでいます。

天井塗装
壁紙の上から塗装屋さんが塗装を行いましたが、天井は棒の先にローラーの付いた道具で塗っています。
この塗装をムラなく仕上げるのは難しく、慣れた職人さんならではの仕上げです。
壁一面にアクセントカラーを使った塗装も塗り分けが難しいのですが、いつも綺麗に仕上げてくれます。

漆喰下塗り
塗装が終わると左官屋さんが漆喰塗り部分の壁に下地処理と下塗りを行いました。
一度、壁前面に下塗りを行った後、ヨーロッパの漆喰を塗っていきます。

漆喰塗りのアール垂れ壁
納戸の入り口ですが、アールの垂れ壁にしている為、漆喰の塗り壁にすることでその質感も楽しめます。
塗るのは難しいのですが、熟練の職人さんにかかれば見事なものです。

造作キッチン
漆喰塗りに先立って、造作キッチンの施工も終わりました。
オークの板を使った造作キッチンにはミーレの食洗機やシンク下をオープンにして、ゴミ箱などを収納できるスペースを設けています。

造作建具
漆喰塗が終わり、造作建具の取付けも行っています。
吹き抜けに面した部屋に開閉できる室内窓を設けていますが、白い壁にタモの色合いが映えます。
室内ドアの取付けも行って、塗装を施してから照明や設備の器具付けも行います。

来週には床の養生も外す予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする