明石市U様邸の中間検査

明石市のU様邸では中間検査と瑕疵保険の検査を受けました。

明石市で中間検査
中間検査では法律的なチェックを中心に行って頂き、瑕疵保険の検査では構造的な部分や雨水の浸入に対して問題がないか確認を行ってもらっています。

瑕疵保険検査
重なる部分もありますが、それぞれ違う検査員の方に検査して頂くことでチェックを重ねます。
特に構造部分は見えなくなると確認できない為、私も含めて2重・3重のチェックを行うことでミスをなくします。
実際に釘の間隔で指摘箇所があり、その場で直すことができました。

筋違
このような筋違と呼ばれる斜めに入れる材や釘を入れると千以上にもなる金物などは気を付けていても見落としてしまう事がある為、チェックが大事です。

樹脂サッシ
現場では窓の取付けも終わりました。
窓には樹脂サッシを使用しておりますが、場所によってペアガラスとトリプルガラス、さらには防犯ガラスを使い分けています。

窓の場所や取りつく面によって設計時に考える必要があるのですが、建物の向いている角度やによっても考えないといけない為、窓のサイズやガラスの選択は悩む要素です。
道路やお隣との位置関係なども確認した上で設計をしないと、ただ大きな窓を設けてしまって、住みだしてからカーテンを閉めっぱなしだったり、寒さや暑さで後悔することになりかねません。
窓の性能も含めて設計者が判断すべき大事な要素だと考えています。

SGL鋼板
屋根にはガルバリウム(SGL)鋼板を葺いています。
縦方向に継ぎ目がない事で防水性がとても高く、耐久性もより高くなっている為、コストとのバランスを考えると現在、最も採用が多い屋根材になります。
写真ではわかりにくいですが、U様邸ではこげ茶色を使用していて、下屋根がしっかりとある為、下からもよく見えそうです。

外部の作業を進めて、来週には外壁の防水シートも施工する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする