木製窓と樹脂窓

神戸市西区のS様邸では中間検査と瑕疵保険の躯体検査が終わりました。

ホールダウン金物
それぞれの検査員の方に法律的なチェックと構造などのチェックを行って頂きました。
どちらも問題はありませんでしたが、私が確認して、少し気になる所があった為、大工さんに修正してもらいました。
写真のような金物を一つずつ図面と照合して、ビスの種類や本数など細かく確認していきます。
その数が数百にもなる為、意図せず間違う事もあり、それを2重3重のチェックで防ぐことが大事だと思っています。

筋違い金物
筋違いと呼ばれる斜めに入れる材が横方向の揺れを防ぐ役割を果たしますが、耐震等級3ともなるとかなりの本数が入ります。
他にも床の強度や建物全体のバランスなど大事な要素があり、それらを計算した結果の通りに確実に施工していきます。

木製窓
現場では窓の取付けも行いました。
写真は木製回転窓ですが、木製の窓は道路側のファサード面に使用しています。
北欧の窓でデザイン性や性能が高い為、人気がありますがコストも掛かり、目立つ部分に絞って使用することが多くなっています。
この木製窓はグルっと回転する為、外側も掃除や塗装がしやすく、メンテナンス性も優れている為、弊社の事務所でも使用しています。

樹脂窓
他の窓は樹脂窓を使用しています。
こちらも性能が高いので、基本仕様としていますが、ガラスをトリプルとペアで使い分けることで、日射熱の取入れと遮断をある程度コントロールできます。

SGL鋼板葺き
屋根のSGL鋼板も葺き終わりました。
こげ茶色なのですが、写真ではほとんどわかりません。
この屋根は下からはほとんど見えないのですが、上から見ると等間隔の凸部分が美しく、勾配方向に継ぎ目がない為、雨漏りのリスクが少ないです。

来週初めには外壁の防水シートを施工する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする