トイレの床タイルと洗面前壁タイル

伊丹市のMH様邸では大工さんの作業も一旦終えて、内装工事を行っています。

木製スリット手摺の塗装
先日、ご紹介した2階ホールの木製スリット手摺に塗装を施したことで印象が大きく変わりました。
手摺子と笠木に違った塗装を行うのはそれぞれに養生を行う必要がある為、とても手間が掛かります。

造作収納のペイント
リビングに造作したテレビ台兼収納も白っぽい塗装を行いました。
少しわかりにくいですが、収納の上部にはモールディングが良いアクセントになっています。
MH様邸では木の色を抑えて、全体的にエレガントなイメージに仕上がる予定です。

トイレ床タイル貼り
続けてタイル屋さんがトイレの床に大理石タイルを貼りました。
このタイルは特殊な大きさと形状で、配管の穴などで少し苦戦していましたが、綺麗に貼ってくれました。
ただ上から見ると綺麗な為、本物に似せたクッションフロアと間違える人がいるかもしれません。

洗面台前壁タイル
洗面台の前壁にも特殊な形状のタイルを貼っています。
エスニックな雰囲気漂うランタン形状のタイルはどこかレトロなイメージに。
こちらもカットが少し大変だったようですが、綺麗に貼ってくれました。

外壁仕上げ
外部では外壁の仕上げが終わり、雨樋の取付も終わりました。
外壁は淡いクリームの入った白に近い色ですが、木の軒や玄関ドアとの相性は抜群です。

あとはいよいよ足場を外すだけとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする