木製ペイントガラス枠と木製モールディング

神戸市北区のIY様邸では照明、設備器具の取付けも終わり、床の養生を外しました。

床養生外し
綺麗にオーク材のフローリングが現れました。
オーク材の無垢フローリングを使い始めて10年以上が経ちますが、落ち着いた色合いや節の入り方など絶妙な風合いの物を選んできました。
この雰囲気は他の樹種では出ないのと、少なくとも私には目に優しく、主張しすぎない存在感が空間に馴染むと感じています。
ですので、ご希望がなければ基本的にオークのフローリングをご提案しています。

木製塗装モールディング
キッチンの対面側には木製のモールディングを付けて、腰壁のアクセントとしました。
壁と同じペイントを施して、グレー色の仕上げに。

木製ペイントガラス枠
キッチン側への入り口部分には木枠と垂れ壁部分に木製のガラス枠を入れて黒っぽい色で塗装しました。
どちらも目立ちすぎて、邪魔になる感じは避けたいが、目立たな過ぎるのも残念なので、さりげなく主張するような存在にしたいと考えて計画しました。
ただ、このさじ加減は最も難しく、何も考えずにやるとデコラティブになりすぎたり、主張し過ぎてしまいます。
そのためにも空間に馴染むように極力シンプルに、だけど美しくを心掛けてます。

真鍮棚受けと飾り棚
この飾り棚もただ棚を付けるだけなら簡単なのですが、幅や奥行き、板の素材(タモの無垢材を使用)や真鍮の棚受けと言った要素全てがマッチして、空間に一体感と存在感が出せると思っています。
これら一つ一つ、丁寧に考えていくことで空間全体の雰囲気も一つにまとまっていくと思うので、全体のバランスを考えながら細部を検討するコーディネート力が大事です。

洗面水栓と照明
洗面化粧台もシャワータイプの混合水栓金具や壁一面の鏡、照明器具と取り付けが終わり、システム洗面台にはない仕上がりになりました。

検査機関の完了検査も無事に終わり、来週には外構工事も始まる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする