中間検査と瑕疵保険検査

伊丹市のMH様邸では中間検査と瑕疵保険の構造検査がありました。

中間検査
中間検査では建築基準法に則って法律的なチェックを中心に検査を行ってもらいましたが、特に問題ありませんでした。

瑕疵保険検査
瑕疵保険の検査では構造や防水など、10年間保証を行う為に申請通りの構造金物や防水処理が行われているかどうか、ビスの1本から確認を行っていきます。
検査結果としてビスの長さが間違っている所の指摘があり、その場で修正することができました。

筋違い
このように斜めに入れる筋違いをしっかりと金物で留めることでずれるのを防ぎ、地震などの揺れにもしっかりと耐えることができます。
金物は一つ一つ確認しながら取り付けを行いますが、何百もの金物があり、間違う事がないとは言えませんので、2重・3重のチェックでミスをなくします。

樹脂窓
大工さんは樹脂窓の取り付けも終えました。
樹脂サッシが基本の窓となっていますが、ガラスは方位によって変えていて、トリプルガラスも使っています。
また、1階では防犯ガラスなども使うことで防犯性も高めています。
樹脂サッシの良い点は何といっても断熱性が高い為、外の温度の影響を減らすことができ、結露のリスクも低いことです。
樹脂サッシとアルミ樹脂の複合サッシを同じ場所で使った場合にアルミ樹脂複合サッシでは結露しているのに樹脂サッシでは結露していないのを確認している為、その性能差は仕様値以上にある事がわかります。
この辺りは実際に使用している環境で確認をして、根拠があるかどうかで判断をする必要がある為、営業マンではなく、技術者に確認しないとわからないと思います。

SGL鋼板
屋根のSGL鋼板の施工も行っています。
グレー色ですが、日射の反射率が高い為、屋根裏の温度上昇を抑えることができます。
ただ、天井や屋根の断熱をしっかりと行い、屋根裏の通気を行えば、室内まで温度の影響が出ることはほとんどない為、どちらかと言えば意匠的な意味が大きいです。

続けて、外壁の透湿防水シートの施工も行っていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする