造作キッチンと造作洗面化粧台

神戸市北区のIY様邸では内装工事が進んでいます。

キッチン背面造作収納
先日ご紹介したキッチン背面の造作収納はカウンター材も納まり、自然オイル塗装も行いました。
ここに扉などを建具屋さんが製作して、取り付けていきます。

クロス下地パテ処理
木部の塗装を行った後、クロス屋さんがパテ処理を行いました。
このパテ処理によって仕上がりに大きな影響が出る為、何度もパテを重ねてはサンドペーパーでこする作業を行います。

紙クロス貼り
パテ処理で平らにした天井と壁に紙クロスを貼っています。
この紙クロスの上から塗装を施して仕上げることで、汚れが取りやすくなり、色合いも少し柔らかい雰囲気に仕上がります。
将来は上から何度も塗り重ねることができる為、ご自身で模様替えを行うことができ、ゴミも出ないので、長い目で見るとコストが掛からない仕上げと言えます。

造作キッチンの施工
クロスを貼り終わったキッチンには家具屋さんが造作キッチンの施工を行いました。
製作したステンレスのキッチンカウンターを設置しましたが、この後コンロや食洗機、水栓、レンジフードなどメーカーの商品を設置していく予定です。
やはり木の質感とデザイン性はシステムキッチンにはない魅力があります。

造作洗面化粧台
洗面化粧台も造作ですが、こちらは現場寸法に合わせて人工大理石のカウンターをオーダーし、下に陶器のボウルを取り付けてもらいました。
洗面ボウルの下をオープンにして、引き出しを造作して施工しています。
こちらも木の質感や造作ならではの一体感はシステム洗面台には出せない魅力です。

外装仕上がり
外部では吹付けの仕上げが終わって、仮設足場も外しました。
淡いグレー色なのですが、日が当たる面と当たらない面でこれだけ色が違って見えます。
神戸市西区のI様邸と同じで品のある色合いに仕上がりました。

内部ではこれから塗装を行い、漆喰を塗る予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする