基礎工事の完了

伊丹市のMH様邸では基礎工事が完了しました。

土間コンクリート
配筋検査の後、土間のコンクリートを施工しました。
その後、立ち上がり部分の型枠を組んで、立ち上がりのコンクリートの施工も行いました。

立上りコンクリート
立ち上がりのコンクリートを施工してから型枠を組んだまま、しっかりと養生を行うことでコンクリートが固まり、初期強度が出て強いコンクリートになります。
このコンクリートには強度があり、混ぜるセメントの量などの配合によって変わります。

コンクリート強度を高めることで、コンクリートの耐久性が増す為、オーブルホームでは通常の基準値よりも高い強度で施工しています。
さらに強度試験も行って、その数値を確認しています。

基礎工事完了
養生の後、型枠を外し清掃を行って外周を整地したり、玄関ポーチ部分のかさ上げを行います。

玄関ポーチ
仕上げのタイルの厚みなどを考えてコンクリート下地の高さを調整しています。

外部配管
基礎工事が終わると建物外周部の水道や下水の配管を行っていきます。
次に床下の給水や給湯のヘッダー配管などを行って、設備屋さんの作業も終了です。

この後、大工さんが現場で土台を敷いていき、外部の足場を組めば、上棟準備も完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする