中間検査とトリプルガラスの樹脂窓

神戸市北区のIY様邸では中間検査と瑕疵保険検査が終わりました。

中間検査と瑕疵保険検査
中間検査は建物の配置や高さなど法律的なチェックを主に行い、瑕疵保険の検査は構造部分や雨水の浸入について確認を行っていきます。
どちらも特に問題はありませんでしたが、こちらでチェックを行って、修正を行いました。
2重・3重にしっかりと確認を行うことで、ミスをなくします。

構造金物
構造金物や耐力壁と呼ばれる重要な壁などの取付け状況を一つ一つ確認していくのですが、釘の太さや間隔、本数など細かく見ていく必要があります。
さらには仕上げのことも考えて、取り付ける位置や金物の種類も選ぶ必要があるのですが、仕上げの関係で1ヵ所金物を変える必要がありました。
この時点で考えておかないといけないこともあり、現場での確認は欠かせません。

トリプルガラスの樹脂窓
大工さんは窓の取付けや下地の作業を行っています。
こちらの窓はトリプルガラスを使った樹脂窓です。
神戸市北区という事で寒さの面もありますが、最近は暑さ対策としてもトリプルガラスを使う事が増えています。
もちろん冬に日射の熱が期待できる窓はペアガラスを使用しますが、建物の立地条件によって考える必要があります。

SGL鋼板葺き
外部では屋根のSGL鋼板を葺いています。
この暑さの中なので、屋根屋さんは大変だと思いますが、頑張って作業を進めてくれてます。
このSGL鋼板を素手で触ると火傷するほどの温度になる為、手袋が必須ですが、汗で手袋も大変そうです。

現場では、とにかく無理をせずに体を第一に作業を行ってもらっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする