壁のグラスウール断熱施工

稲美町のTS様邸では壁のグラスウール充填断熱が終わりました。

壁グラスウール断熱
壁には高性能で自立するほど密度の高いグラスウールを隙間なく充填しています。
壁の中に綺麗に入れるだけで断熱材が垂れ下がったり、落ちてくることもない為、柱などに留める必要もありません。

壁気密シート
室内側には防湿気密シートを全面に貼っていくことで、しっかりと気密も確保します。
このシートを別に貼ることで確実に気密と壁の中への湿気の浸入を防ぎます。
さらに電気のコンセントやスイッチなどには気密カバーを施工したり、配線の穴なども気密テープで細かく処理をしていくことで気密性能を高めます。
職人さん達の丁寧な施工が大事ですが、気密施工になれた職人さん達はポイントを理解している為、無駄なく確実な施工を行ってくれています。

外部では防水シートの上から通気胴縁と軒天の施工を行いました。

通気胴縁
この通気胴縁(木の桟)の間を暖まった空気が上昇して屋根裏に入り、屋根のてっぺんにある棟換気から暖かく湿った空気を排出します。
この空気の流れを遮らないようにポイントを抑えた施工が大事です。

ラス貼り
通気胴縁の上からラス(金網)を施工しています。
このラスは通気胴縁の上から施工できるように剛性があって、錆びに強い特殊なメッキが施された物を使用しています。

ラスの施工が終わると火山灰からできたシラスを使った外壁材を施工する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする