中間検査と屋根鋼板葺き

稲美町のT様邸では中間検査と瑕疵保険検査が終わりました。

瑕疵保険検査
瑕疵保険の検査は構造を中心に防水などのチェックを行いますが、特に構造金物の確認は入念です。

構造金物T
このような構造金物を一つずつビスの本数や長さなど細かくチェックしていきます。
大工さんも注意して付けていきますが、どうしても抜けが出てしまうこともある為、最終的に抜けがないように検査員の方と私もチェックを行うことでミスを防ぎます。

中間検査
さらに法律的なチェックを中心に行うのが中間検査ですが、構造的な部分も見るのですが、隣地からの距離など瑕疵保険の検査にはない内容もあります。

どちらの検査でも特に問題はありませんでしたが、1か所金物の付け忘れに気づくことが出来ました。
すぐに修正することもでき、これで作業を進めていくことが出来ます。

樹脂窓
続けて、樹脂窓の取付けも行いました。
弊社では樹脂窓を基本的な窓として使用していますが、ペアガラスとトリプルガラスを使い分けています。
これは日射取得と日射遮蔽をどう考えるかで変わりますが、窓ガラス選びの重要な要素です。

写真に写っている御幣と一緒にお札も屋根裏の高い位置に納めさせて頂きます。

SGL鋼板葺き
屋根にはルーフィング張りのあと、SGLを葺いています。
SGLはガルバリウム鋼板に改良を加えてできた防錆性や耐久性をより高めた鋼板です。
防水性やコスト面などから現在、弊社では最も採用されている屋根材になります。

下屋部分の屋根は外壁の付加断熱の施工が進んでからの施工になりますが、天気を見ながら外部の作業を進めています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする