稲美町T様邸の上棟

稲美町のT様邸では上棟に先立って2週間前に土台敷きの作業を行いました。

土台敷き
桧材を使っている為、土台を敷く時には良い香りが漂うのですが、井桁に綺麗に組んでいきます。

土台養生
その後、床下地を行い、その上に上棟時の材料を搬入してブルーシートで養生した状態です。
準備も万全であとは上棟日を待つばかりでした。
ですが、棟上げ予定の日が2度延期になるほど、天気が悪い状態が続きました。
3度目の日程も小雨が降る中でしたが、先週末までの天気予報で曇りだった事やもろもろの条件が重なり、決行することになりました。

上棟1
大工さん達は濡れながらでしたが、手際よく作業を行って、2階の床梁や柱など順番に骨組みを組んでいきました。

上棟2
昼前には小屋梁も組み終わり、上棟まであと少しとなりました。

上棟3
昼過ぎには棟木も納めることができて、ここから屋根の下地を組むまで作業を行っていきました。
並行して少しでも濡らさないようにシートで養生も行い、作業を終えることが出来ました。

上棟4
現場の作業は天気に左右されることが多く、予報が確実に当たれば良いのですが、そんな訳にはいかない為、判断が難しく神経をすり減らします。
大工さん達は普段より足元に注意したり、手が滑らないように慎重に作業を行う必要があり、気を使ったと思います。
そんな中でも無事に作業を行ってくれたことには本当に感謝しかありません。

T様にも事情は説明していましたが、それでも心配だったと思いますが、足を運んで下さり、お気遣いも頂いたことは本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!
また、今後のフォローをしっかりと行って、作業を進めていきたいと思いますので、現場の進捗状況も楽しみにご覧頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする