木製造作キッチンと木製造作洗面化粧台

明石市のN様邸では内装工事が進んでいます。

紙クロス貼り
クロス屋さんは下地処理のあと、紙クロスを貼りました。
塗装下地用の紙で出来たクロスですが、非常に丈夫で簡単には破けないのと、ビニールクロスと違って年数が経った時に端からはがれる事もほとんどありません。
その為、上から繰り返し塗装を行って、貼り替える必要がない為、ゴミを出さずにすみます。
模様替えをしたい場合には住まい手の方が自分で塗装を行うこともできる為、ご家族でDIYを楽しめます。

壁紙塗装
でも最初はプロの塗装屋さんが紙クロスの上から臭いのほとんどしない塗料を丁寧に仕上げています。
塗装を行うことで、汚れが付きにくく、水拭きも行えます。
また継ぎ目がほとんどわからなくなり、独特の質感と相まって特に天井一面が美しい仕上がりになります。

木製造作キッチン
壁紙貼りの作業の合間に木製造作キッチンと木製造作洗面台の取付けも行いました。
キッチンは壁の寸法に合わせてキッチンのキャビネット部分とステンレスカウンターを製作しています。
扉には木の面材を使って空間に馴染んだ家具のような仕上げにできたり、シンク下をオープンにできるのも造作ならでは。
オイル塗装を行うことで水を弾き、意外と汚れにくくなります。
何より気に入って愛着が持てるとお手入れも積極的に行えるのではないかと思います。

木製洗面台天板加工
洗面化粧台の天板はオークの無垢板の上に置き型のボウルを設置します。
家具屋さんが事前に排水や水栓の為の穴を開けることで正確で綺麗にできますが、それでもオークは堅い木なので、開けるのに苦戦していました。

現場ではキッチン前のタイルやデスクコーナーの壁レンガ貼りなどの作業も進んでいて、続けて壁の漆喰塗りを行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする