播磨町U様邸の中間検査

播磨町のU様邸では中間検査がありました。

中間検査
確認検査機関による中間検査では法律的な部分を中心にチェックして頂きました。

瑕疵保険検査
続けて瑕疵保険の検査も行って頂きました。
こちらは筋違いなどの構造材や金物など構造的に大事な部分や雨水の浸入についてのチェックなど、10年保証の対象となる部分を見てもらっています。
どちらも特に問題はありませんでした。

ホールダウン金物
このようなホールダウン金物と呼ばれる基礎と柱を緊結する重要な金物など特に部材が接続する部分に用いられる金物は構造計算で一つ一つ決まっている為、間違いの無いように取付け、それを確認していく作業が大事です。
そのチェックを2重3重に行うことでミスを無くすのが目的です。

SGL鋼板屋根葺き
屋根のガルバリウム(SGL)鋼板の施工も進んでいます。
屋根はシンプルな形状にこのような流れる方向に継ぎ目のない仕上げが雨漏りのリスクが少なく、メンテナンス性も良いです。
外壁とメンテナンス期間が同じくらいな物を選ぶことで同時に塗装ができ、足場などのコストを抑えることもできます。

樹脂サッシ取付け
樹脂サッシの取付けも終わりました。
樹脂窓を採用するようになってすでに10年以上、経ちましたが、性能面でのコストパフォーマンスはピカイチです。
条件が非常に悪い部屋で薄っすらとガラス部分に少し結露をするくらいは見たことがありますが、枠の部分に結露をしていたり、ましてや水が流れるような結露を見たことはありません。
コスト的にもアルミと樹脂の複合サッシに比べてもそれほど高くなるわけではないので、デザイン的な要素を除けば、樹脂窓が基本となります。
樹脂窓でも窓の開き方やサイズなどを選ぶことでデザイン的にも良くなるように考えていくのも私達の仕事である為、明るさや日射、外からの目線など様々な要素を考えながら選んでいます。

現場では検査も終わったので、外壁の防水シートを施工する予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする