天井板張りと壁板張りとガルバリウム雨樋

明石市のN様邸では造作工事も大詰めです。

天井板張り
リビングからダイニングにまたがる天井を板張りとしています。
この天井板は無垢の板を山型に溝を掘って加工されたもので、凹凸によって陰影のある表情で独特の質感があります。
また、ほとんど節もないのと縦方向の継ぎ目がない為、上質な天井仕上げになりました。

壁オーク板貼り
キッチンの背面にはオークの無垢板を壁に張っています。
これも節のない1枚板を贅沢に使ったことで、とても雰囲気のある上質な仕上がりです。
仕上げに自然オイル塗装を行うことで深みのある色合いに変わります。
こういった無垢材の板張りは色も経年で変わりますので、それも楽しんで頂けるのが魅力です。

造作収納
キッチンの後ろの収納は大工さんが造作しています。
この収納は置くものと使い方を考えて、少し複雑な組み方を行いましたが、これも造作だからこそ出来る形状です。
この大きさに合わせて、建具屋さんが扉を作り、塗装屋さんが塗装を行うことで一体感のある造作収納が完成します。

ガルバリウム雨樋
外部の作業は雨樋が付いて、コーキングも終わりました。
雨樋にはガルバリウム雨樋を使用しています。
ガルバリウム雨樋は何と言ってもすっきりとしたジョイント部分が美しい。
また耐久性も高く、屋根との相性も抜群ですが、コストが掛かることが玉に瑕です。
それでもすっきりとした外観に仕上げるにはぜひ採用したい雨樋だと思います。

外部の作業も終わり、いよいよ足場を外す予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする