省エネリフォームと自然素材リフォーム

神戸市西区のIH様邸リノベーション工事も大詰めです。

杉フローリング
床の養生を外して杉の無垢フローリングがあらわれました。
節のない色目も揃った床は思った以上に綺麗でした。
これから自然塗料のオイル塗装を行う為、色はもう少し濃い感じになりますが、落ち着いた雰囲気に仕上がりそうです。
リビングの壁にはヨーロッパの漆喰を塗り、天井は紙クロスを使用、建具も木製建具を使って、窓枠や幅木、廻り縁に至るまで木を使った仕上げです。
新築で内装にビニールシートの素材を使う事はありませんが、リフォームでも自然素材を使うことを基本とさせて頂いております。

木製玄関ドア
外部は照明器具などの取付が終わり、窓のクリーニングも終わって、仕上がりをご覧頂けます。
木製玄関ドアとルイスポールセンの照明器具が映える玄関周りとなりました。

着工前
工事前の外観とはガラリと雰囲気も変わり、目を引く外観に生まれ変わったと思います。

ただIH様邸のリノベーションは表面的な見た目だけでなく、省エネ性能を劇的に改善しています。
その計算結果ではリノベーション前の断熱性能はUA値1.37、Q値3.90と言う数値だったのが、リノベーション後にはUA値0.40、Q値1.33になりました。
UA値、Q値とも数値が小さいほど高性能な家になりますが、リノベーション後の数値は現在新築で建てる家と比べてもほぼ遜色のないレベルまで改善しています。
さらに4倍以上も省エネを実現することができるだけでなく、何より住んだ時の快適性は数値では表せない差が生まれます。
今の時期はそれほど断熱効果を体感できませんが、家の中に居る時に外の音が聞こえにくくなった事は非常によくわかります。
これは気密性能も高くなった為で、職人さん達の頑張りが反映された結果でもあります。

そんなIH様邸の内覧会を26日にさせて頂きます。
午後1時からの1組のみですが、ご予約頂けますので、ご興味をお持ちの方はこの機会にぜひお申込み下さい。
お申込みは前回のご案内した通り、メールでお願い致します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする