造作洗面化粧台と室内窓

神戸市西区のI様邸では照明や設備器具の取付けもほぼ終わり、ハウスクリーニングを行いました。

ハウスクリーニング
ハウスクリーニングの事を美装工事と言いますが、床の養生を外したり、工事中のホコリや汚れを綺麗に掃除を行っています。
専門の職人さんはやはり手際がよく、短時間で美しく仕上げてくれます。

造作洗面化粧台
造作洗面化粧台はオークの板材を使った仕上げですが、引出し収納や壁の埋込み収納があり、デザインだけでなく、機能性も高い洗面台になっています。
大きな鏡の上には本物の真鍮でできた照明器具を取り付けていますが、この存在だけで上質なアクセントになります。
鏡の上下にはタイルが貼られる予定ですが、他の工事との兼ね合いがあり、後日施工の予定です。

室内窓
2階の洋室には吹抜けに面して室内窓を設置しました。
この室内窓にも真鍮の引手がついていて、木目を活かしたグレーの塗装が映えるガラス入りの室内窓になります。
このガラスは解体する前の家に使われていたものを取り外したのですが、現在では製造されていない型板ガラスの『銀河』になります。
写真ではつまみや木の質感、ガラスの模様までほとんどわからないと思いますので、これは実物をご覧頂くしかないと思います。

そんなI様邸も施主様のご厚意で完成内覧会を開催させて頂きます。
新型コロナウイルスの影響もあり、時間を細かくして、ご参加人数も抑えたカタチで開催させて頂きます。
また案内にもある通り、一部未完成の状態になってしまう為、お急ぎでない方は外構工事完成後の5月に開催させて頂く時にご覧頂くことをお薦めします。

すでにほとんど申込み枠が残っていませんが、建物の雰囲気だけでもご覧頂きたい方や早めに見たいと思われる方はこの機会にぜひお申込み下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする