明石市N様邸の基礎工事完了

明石市のN様邸では基礎工事が完了しました。

土間コンクリート
配筋検査の後、土間部分のコンクリートを施工しています。
一般に建設業界ではコンクリートを施工することを打設とか打ち込みと言いますが、これはコンクリートを流し込む時に空気を抜くために棒などで突いたり、叩いたりする為です。
現在ではバイブレーターと呼ばれる振動を与える機械を使ってコンクリートの密度を高めていきます。
写真では奥に人が持っている棒のようなものですが、突くような作業はなく、コンクリートの中に均一に入れて空気を抜く感じです。

立上り型枠
土間コンクリートの施工が終わると立上り部分の型枠を組んでいきました。
基礎の内側に断熱材をコンクリートと一体化させる為に型枠と一緒にセットしています。
この後、アンカーボルトを設置して立上り部分のコンクリートを施工しました。

基礎工事完了
しっかりと養生期間を空けて、コンクリートの初期強度が出た段階で型枠を外しました。
さらに玄関やポーチ部分のかさ上げを行い、外部の埋め戻しも行って基礎工事は完了です。

外部配管
その後、基礎の外周部の水道や下水の配管を先行して行っています。
内部のヘッダー配管なども行うことで、後の工程がスムーズに進むようにしています。

来週には土台を敷いて、外部足場を組み、棟上げまで行う予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする