壁と天井の板貼り仕上げ

神戸市西区のI様邸では大工さんの造作工事が進んでいます。

天井板貼り
リビングの天井には個性が際立つ無垢板を貼っています。
この無垢板には半円になるような処理が施されていて、ちょうど小さなカマボコが並んだような感じです。(分かり難くてすみません)

天井板貼り2
天井近くから撮るとこんな感じですが、溝と溝の間に丸みがある為、柔らかい雰囲気になっています。
北欧の伝統的なデザインの羽目板ということで、意匠性が高く、上質な仕上がりになりました。
実際には仕上がりを見て頂かないとこの雰囲気は表現できないですが、木を使いながら優しいアクセントとして使うにはかなり良さそうです。

壁板貼り
こちらは先日ご紹介したキッチンの背面収納の壁です。
オークの突板を使っていますが、継ぎ目がわからないほど、大工さんが綺麗に貼ってくれています。
この上からクリアのオイル塗装を施すことで、色合いが深く出て、木目が美しく引き立ちます。
この下の収納の扉にも同じ板を使って仕上げるので、より一体感のある造作背面収納となりそうです。

大工さんの難しい造作工事も続々と仕上がってきて、あと少しとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする