神戸市西区I様邸の中間検査

神戸市西区のI様邸では中間検査が終わりました。

瑕疵保険検査
確認検査機関による中間検査と瑕疵保険会社の検査を続けて行って頂きました。
検査の内容はかぶる部分と違う部分がありますが、どちらも特に問題はありませんでした。

筋違い
写真は筋違い(すじかい)と呼ばれる構造上、重要な構造材です。
このような部材はもちろん、木材をつなぐ重要な金物一つ一つを確認して、ビスの長さや本数までチェックしていきます。

樹脂窓トリプルガラス
大工さんは窓の取付けも終えています。
この窓は樹脂サッシですが、南面以外にはトリプルガラスを使用しています。
窓の結露の心配がほぼ無くなるのと、コールドドラフトと呼ばれる特に窓付近で起こる下降気流がかなり軽減されます。
冬の日射取得には不利になりますが、夏の日射を遮るのに貢献する為、西の地域でもトリプルガラスは有効だと考えています。

SGL鋼板屋根
屋根のガルバリウム(SGL)鋼板の施工もほぼ終わりました。
屋根には耐久性、防水性、軽さ、メンテナンスのしやすさ、コストなど多くの点でメリットのあるSGL鋼板を使っています。
これで屋根からの雨水の心配もなくなり、あとは外部の防水シートを貼れば、安心して年を越せそうです。

大工さんは天井の下地など今週末まで作業が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする